×

歌舞伎俳優・中村吉右衛門さん死去、77歳 人間国宝 ドラマ「鬼平犯科帳」長谷川平蔵役でも人気

[ 2021年12月1日 16:15 ]

中村吉右衛門さん
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の中村吉右衛門(なかむら・きちえもん、本名・波野辰次郎=なみの たつじろう)さんが11月28日、心不全のため東京都内の病院で死去した。77歳だった。東京都出身。1日、松竹が発表した。葬儀は親族にて執り行われる。今年3月に心臓発作で救急搬送され、療養中だった。

 1944年(昭和19年)、八代目松本幸四郎(のち初代松本白鸚)と初代中村吉右衛門の一人娘の間の次男として生まれ、後に母方の祖父・初代中村吉右衛門の養子となる。48年、中村萬之助を名乗り初舞台。54年に「山姥」の怪童丸の演技で毎日演劇賞を受賞し“天才”として注目され、66年に二代目吉右衛門を襲名した。

 初代吉右衛門と祖父の七代目松本幸四郎の当たり役を継承し、「仮名手本忠臣蔵」の大石由良之助、「勧進帳」の弁慶などが十八番。新しい作品の創作や埋もれた作品の発掘にも積極的で、歌舞伎を身近にする活動として全国の小学校を回り、体験授業なども行った。

 テレビドラマでは80年に時代劇「斬り捨て御免!」に主演、86年にはNHK新大型時代劇「武蔵坊弁慶」で歌舞伎で当たり役の弁慶を演じた。89年にフジテレビ系時代劇「鬼平犯科帳」に出演、火付盗賊改方長官・長谷川平蔵役で広く人気を博し、9シリーズを中心にスペシャル版を含め、計150本に出演した。

 11年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。17年に文化功労者。兄が現白鸚、おいが現幸四郎、娘婿が尾上菊之助。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月1日のニュース