岡田准一 アウトローで新境地、無精ひげにタトゥーの元警官役 映画「ヘルドッグス」主演

[ 2021年12月1日 07:00 ]

映画「ヘルドッグス」に主演する岡田准一
Photo By 提供写真

 俳優の岡田准一(41)が映画「ヘルドッグス」(監督原田眞人、来秋公開)に主演する。深町秋生さんの小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」が原作。裏社会を描く作品で、ヤクザ組織に潜入してのし上がる元警官を演じる。

 愛する人が殺される事件を止められなかった過去から、復讐(ふくしゅう)のためだけに生きる男。伸び切った髪に無精ひげ、体にはタトゥーも入るアウトローの役柄だ。V6解散後初の映画主演作が、ダークヒーローという新境地。「撮影中にこれは完成したらどうなるんだろうと、ずっとシビレてました。とんでもない作品になることは間違いない」と自信を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年12月1日のニュース