新庄監督ド派手登場 16・4%の高視聴率!日本ハムファンフェス生中継 瞬間最高は新庄監督19・8%

[ 2021年12月1日 10:00 ]

日本ハムのファンフェスティバルにランボルギーニのカウンタックを運転して登場する新庄監督(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 来季から指揮を執る新庄剛志監督(49)が登場した日本ハムの「ファンフェスティバル2021」(札幌ドーム)が11月30日にフジテレビ系列の北海道文化放送(UHB)で生中継(後7・00~9・00、北海道ローカル)され、平均世帯視聴率は16・4%(ビデオリサーチ調べ、札幌地区)だったことが1日、分かった。今年度の同局制作番組の最高視聴率を更新。前回、同局が日本ハムのファンフェスを放送した際の13・4%(2014年11月22日後7・00~8・00、収録)も大幅3・0ポイント上回り、同時間帯横並びもトップの高視聴率。新庄監督がファンの前に現れるのは就任後初とあり、大きな注目を集めた。

 同局の日本ハムファンフェス放送は、14年以来7年ぶり。生放送は今回が初となった。

 個人視聴率は10・0%。瞬間最高視聴率は午後8時20分の19・8%。視聴者からの質問に答えるなどトークを繰り広げた新庄監督の出演場面だった。

 新庄監督はイベント中盤の午後7時51分、サプライズでイタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」のカウンタックを自ら運転してド派手に登場。「15年ぶりに北海道に帰ってきました!暴れてもいいですか?感動させてもいいですか?泣き笑いさせてもいいですか?来年から僕が舵を取り、かわいい選手たちと長い船旅に出掛けます。一緒に船に乗ってくれるのであれば、目いっぱいの拍手をお願いします!」。平日の夜ながら集まった1万8215人を魅了した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年12月1日のニュース