×

瀬戸康史 妹さおりとの共演経験問われ「あります。まさかの恋人役」「すっげー複雑だった」

[ 2021年11月21日 15:48 ]

瀬戸康史
Photo By スポニチ

 俳優の瀬戸康史(33)が21日放送のフジテレビ「なりゆき街道旅」(日曜正午)に出演。年子の実妹である女優・瀬戸さおり(32)との共演秘話を明かす場面があった。

 お笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑(35)、親交が深い女優のキムラ緑子(60)と横浜市の「たまプラーザ」を街ブラするロケの中で、澤部から「瀬戸くんの妹さんもやってんだもんね」と話を振られると「そうそうそう。同じ事務所で。緑子さんもこの間(共演)…」と受けた瀬戸。妹とは「全然しゃべんないです。仲が悪いわけじゃないけど、全然しゃべんない。何話していいか分かんない」とまずは兄妹の関係を説明した。

 そして、澤部に妹との共演経験について聞かれると「共演あります」と応じ「まさかの恋人役」と苦笑い。「ええっ!!」(澤部)「嘘でしょ?嘘でしょ、嘘でしょ?」(キムラ)と2人が騒然とする中、「マジです、マジ」と瀬戸。キムラは「なんでそんなことできんの?はぁっ!?」と信じられないといった表情を浮かべた。これに「オレも分からないです」と答えた瀬戸は「寝たきりの彼女っていう設定で。で、なぜかさおりがキャスティングされたんです。塩田さん(塩田明彦監督)が面白がってだと思う」と当時を回想した。

 「やりにく…かったですね」と瀬戸。「オレも寝たきりの彼女に向かって、なんとかでなんとかでなんとかなんですよ…みたいなのを相手の人に(一方的に)しゃべってるみたいな。(妹が演じる相手役の設定は)意識も全くなくてしゃべんない。だからまだ良かったけど…」と設定を説明しながら振り返った。ここでキムラが「ただ、愛してる設定なんでしょ?」とツッコミを入れると「そう!すっげー複雑だったですねぇ…」としみじみと話した瀬戸。キムラが「いやいや、いやいや。見てる方も困るじゃん、そんなの見てて。えっ!?って…」と指摘すると、澤部も「監督ふざけてんですかね。どういう…」と笑わせていた。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月21日のニュース