×

阪神・輝がブレーキ 4試合ぶり無安打に矢野監督「チャンスで一本出れば」

[ 2022年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-2ヤクルト ( 2022年5月17日    神宮 )

<ヤ・神>4回無死一、二塁、佐藤輝は二ゴロ併殺打に倒れる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は前の試合で2本塁打の佐藤輝がブレーキになった。4回無死一、二塁で、サイスニードの初球チェンジアップを打たされ、二ゴロ併殺打を喫した。1打席目の内角攻めから一転してかわされ、捕手・中村の術中にまんまとはまった。次の打席は再び内角攻めで空振り三振。4試合ぶりに無安打に終わった。

 矢野監督は「今日は輝(佐藤)のところでチャンスが回ってきたけど、そこで一本出ればという場面があった。1点より2点、2点より3点というのが、今のチームの課題ではあるので、そこかな」と振り返った。

 2戦連続2桁安打の打線が4安打に沈黙した。このカードで1点以下に抑えられるのは、今季10戦中6試合目。そのうち、無得点が5試合もある。同じ相手にやられっぱなしでは、浮上は難しい。(倉世古 洋平)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月18日のニュース