×

阪神・糸原“幻の1号”から“正真正銘の1号”明大時代の思い出の地・神宮でプロ入り初弾

[ 2022年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-2ヤクルト ( 2022年5月17日    神宮 )

<ヤ・神>5回1死、先制ソロの糸原はナインとタッチをかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の唯一の得点は、不振からの巻き返しを誓う名誉キャプテンの一振りからだった。両チーム無得点の5回1死。糸原が先制の1号アーチで風穴をあけた。

 「得点が入らない中で、何が何でも出塁する気持ちで打席に立ちました。最高の結果になってよかった」

 4回まで無得点に封じられていた先発右腕・サイスニードの失投を逃さなかった。1ボール1ストライクから高めに浮いたチェンジアップを一閃(いっせん)。鋭い放物線を描いたライナーが、右翼席へ着弾した。

 15日のDeNA戦では9回の第5打席に右翼へ打球を放ち、スライディングキャッチを試みた右翼手が後逸する間にダイヤモンドを全力疾走して本塁に生還。ランニングホームランかと思われたが、記録は右前打と失策となっていた。“幻の1号”を今度は正真正銘の一発で、先制点をたたき出した。

 これがプロ6年目で節目となる通算10本目の本塁打。明大時代にも何度も立っていた神宮では、プロ入り後初の一発だった。「大学生でもあんまり打っていなかったので。大学からここでやっているんですけど、そういう意味ではホームランを打ててよかったなと思います」。4月終了時点で打率・176と不振に苦しむも、この日はチーム唯一のマルチ安打を記録するなど5月は月間打率・364と復調傾向。矢野監督も「状態が上がってきている」とうなずいた。

 「これまでなかなか状態が上がらなくて迷惑をかけていた。それを取り返せるように一試合一試合、チームに貢献できるように頑張ります」

 二塁守備でも2回1死一、三塁でオスナの一塁後方への浅い飛球を好捕するなど攻守に躍動。さらなる挽回を見据え、開幕からの出遅れを取り戻す。(阪井 日向)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月18日のニュース