×

阪神・西勇 苦手ヤクルト相手に6回無失点 3勝目逃すも「粘りのピッチングできた」

[ 2022年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-2ヤクルト ( 2022年5月17日    神宮 )

<ヤ・神>5回、三者凡退に仕留めた西勇(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 勝利の女神は簡単にはほほ笑んでくれない。先発の阪神・西勇は6回4安打無失点で勝利投手の権利を持って降板するも、3試合ぶりの3勝目はお預けとなった。

 「(坂本)誠志郎にリードで引っ張ってもらって、うまく乗っていくことができました。野手陣の守りにも助けられましたし、チームの良い雰囲気にも後押しされて、粘りのピッチングをすることができたと思います」

 先発として務めは果たした。2回は先頭の村上が右前打。続く中村の左前打では一塁走者の村上を左翼手の大山が三塁進塁を阻止。味方の守備にも助けられた。青木にも左前打を許し、1死一、二塁とピンチは続いたが、オスナの一塁後方への飛球を糸原がスライディングキャッチ。長岡を三邪飛に抑えて、リズムに乗った。

 昨季のヤクルト戦は被打率・341で防御率も6・30とリーグ対戦別でワーストだったが、今季防御率は1・29だ。好投は報われなかったが、好状態を維持して次こそ白星につなげる。(長谷川 凡記)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月18日のニュース