×

阪神・渡辺“村上キラー”だ ワンポイントでK斬り!今季安打許さず3K「しっかり自分の投球できた」

[ 2022年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-2ヤクルト ( 2022年5月17日    神宮 )

<ヤ・神>7回無死、村上を三振に仕留め、雄叫びをあげる渡辺(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 左拳を握りながら雄たけびを上げた。魂の6球。ワンポイントリリーフとして登板した阪神・渡辺が気迫で若き主砲に迫った。

 「村上選手に対して、しっかり自分の投球をすることができた。これからも自分が求められている役割をまっとうできるように準備していきたい」

 1点優勢の7回だった。矢野監督は2番手として変則左腕を迷わず起用。打席には村上がいた。初球の直球は外角低めに外れてボール。しかし続く2球目からも丁寧に外角低めにストライクとボールを交互に投じた。最後はフルカウントから6球目。外角への直球にバットは空を切った。

 対戦は今季4度目。初対戦の4月23日は空振り三振に仕留め、続く同24日も空振り三振に封じた。5月5日こそ四球を与えたものの、ここまでは圧巻の無安打3奪三振。30歳の苦労人は“村上キラー”としても輝きを放つ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月18日のニュース