×

桑田真澄の再来か!? 巨人・山崎伊織が圧倒的な打撃センス 投手なのにデビューから4の3、打率・750

[ 2022年5月18日 18:55 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2022年5月18日    東京D )

<巨・広>3回、安打を放ち、笑顔を見せる山崎伊(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 巨人の2年目右腕、山崎伊織投手(23)が広島戦(東京D)にプロ5度目の先発登板。3回の第1打席で中前打を放ち、プロ通算4打数3安打の打率・750と打撃でも非凡なところを見せつけた。

 1―0で迎えた3回だった。先頭打者として入った第1打席。巨人戦登板が早くも今季4試合目となった相手先発左腕・床田がカウント1ボール2ストライクから投じた4球目、高めスライダーをうまく中前に運んだ。

 投手としてデビューからここまで1勝1敗の山崎伊だが、打者としてはこれで9打席に立ち、4打数3安打の打率・750。すでに2打点を挙げているほか、2四球3犠打と安打以外もチームに貢献している。しかも得点圏打率はここまで1・000(2打数2安打)と、まるで現役時代の桑田真澄投手チーフコーチ(54)をほうふつさせるような打撃センスを見せつけている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月18日のニュース