×

大谷翔平 自打球が股間に…苦もんの表情にネット「これは痛い」「見ただけで痛ッ」

[ 2022年5月18日 11:50 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―10レンジャーズ ( 2022年5月17日    アーリントン )

<レンジャーズ・エンゼルス>7回無死、自打球が股間に当たり、苦もんの表情を浮かべる大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は17日(日本時間18日)、敵地グローブライフ・フィールドで行われたレンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。第4打席で自打球が股間に当たり、苦悶の表情を浮かべる場面もあり、5打数1安打で日米通算150号本塁打はお預けとなった。エ軍は5―10で敗れ、2連敗を喫した。

 7回無死の第4打席、左腕マーティンと対戦し、1ボール1ストライクからの3球目を打ちにいったが、バットに当たった打球はワンバウンドにして股間に“ヒット”。大谷は思わずピョンピョンと跳ねながら、痛みをこらえ苦もんの表情を浮かべた。

 SNSでは、このシーンに「これは痛い」「痛そう」「今日のチンプレイ」「今日はついてない」「見ただけで痛ッッッッツてなる…」などの声が上がった。結局、この打席は空振り三振だった。

 初回1死二塁の第1打席、3回無死一塁の第2打席は、レ軍の先発左腕ハーンの前にいずれも左飛、元ソフトバンクの左腕ムーアと対戦した5回無死一塁の第3打席は見逃し三振。9回の第5打席では右腕スポーズから右前打し、14日(同15日)のアスレチックス戦から続く連続試合安打を「5」に伸ばした。

 これで通算打撃成績は153打数39安打で打率・255、8本塁打、27打点、5盗塁となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月18日のニュース