×

巨人、傷だらけの2連勝で首位ヤクルトとゲーム差なし ポランコ&ウォーカーがアベック弾 山崎伊2勝目

[ 2022年5月18日 21:13 ]

セ・リーグ   巨人4―2広島 ( 2022年5月18日    東京D )

<巨・広>2回、ソロ本塁打を放ちウォーカーと喜ぶポランコ (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人は新助っ人コンビ、ポランコ&ウォーカーの効果的な一発攻勢で広島を下して2連勝。2カード連続の勝ち越しを決め、最大11から一時は3まで減らしていた貯金を7まで戻した。首位ヤクルトが敗れたため、ゲーム差なしの2位となっている。

 巨人は2回にポランコが相手先発左腕・床田から右翼スタンドへ弾丸ライナーで飛び込む8号ソロを放って先制。1―0のまま迎えた5回にはウォーカーが同じく床田から左翼スタンドへ8号3ランを放ってリードを4点に広げた。ポランコ&ウォーカーのアベック弾は5月3日の広島戦(マツダ)でともにこの日と同じ床田から放って以来2度目となった。

 投げては2年目右腕・山崎伊が6回途中に右足がつったような仕草を見せて降板したが、7安打されながらも粘りの投球で1失点に抑えてプロ2勝目。最後はドラフト1位守護神・大勢が両リーグトップの15セーブ目を挙げて逃げ切った。

 なお、7回から登板した3番手右腕・鍬原は菊池涼の放った強烈なライナーが右膝を直撃して降板。2イニング連続で投手がアクシデントにより降板する不運にも見舞われたが、打撃不振が続いていた主砲の岡本和は7回の第4打席で5試合22打席ぶりとなる安打を放っている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月18日のニュース