×

日本ハム・野村が鼻骨骨折 新庄監督は4番起用明言「自分で克服するしかない」 前日に顔面死球

[ 2022年5月18日 17:05 ]

<オ・日>前日、左顔面に死球を受けた野村(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 日本ハムが18日、前日17日のオリックス戦(ほっと神戸)で負傷交代した野村佑希内野手(21)の診断結果を鼻骨骨折と発表した。

 前日17日のオリックス戦で、4回1死一塁で相手先発・山本の146キロ直球が顔面を直撃。途中交代し、神戸市内の病院で検査を受けていた。長期離脱を心配されたが、この日は試合前練習に参加。患部はやや腫れていたが、フェースガードなどは着用せずに打撃、守備ともにフルメニューをこなした。

 新庄監督は野村と話し合った上で、この日の4番での先発起用を明言。「打者って踏み込めなくなってくるから。ちょっと時間が空くより、1打席でも立っておいた方が恐怖心は(なくなる)」と説明した。

 一方で守備への負担は「イレギュラーとか怖いんじゃないかな。ましてや、ここは人工芝ではないから」と心配しつつも「でも、そんなことを言っていたら先進めないから。自分で克服するしかない」と、期待を込めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月18日のニュース