楽天・浅村 3.30以来の今季2号が区切りの令和3000号!

[ 2021年5月9日 20:09 ]

パ・リーグ   楽天6―3日本ハム ( 2021年5月9日    札幌D )

<日・楽>6回2死一塁、2ランを放つ浅村(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天・浅村栄斗内野手(30)が9日、日本ハム戦の6回に今季2号本塁打を放ったが、これが日本プロ野球で令和3000号の区切りの一発となった。

 浅村は昨季、32本塁打を放ち本塁打王となったが、今季は3月30日のロッテ戦以来となる2号に「久しぶりですね。打てて良かったです」と語った。

 浅村は20年8月29日の西武戦で区切りの球団通算1500号を放っている。

 ◆令和区切りの本塁打◆

1号  19年5月1日 坂本(巨人)
500号 19年6月20日 杉谷(日本ハム)
1000号 19年8月17日 栗山(西武)
2000号 20年8月26日 山田(ヤクルト)
3000号 21年5月9日 浅村(楽天)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年5月9日のニュース