来日初先発のヤクルト・サイスニードは4回0/3を3失点「自分の思うような投球ができなかった」

[ 2021年5月9日 19:00 ]

セ・リーグ   巨人7―5ヤクルト ( 2021年5月9日    東京ドーム )

<巨・ヤ7>ヤクルト先発のサイスニード(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの新外国人・サイスニード投手(28)が来日初先発。4回0/3を投げ5安打3失点だった。

 「凄くワクワクして楽しみにしていた」という来日初登板。1メートル93の長身から投げ下ろす最速153キロの力強い直球にナックルカーブやチェンジアップを交えた。ただ制球が安定せず4四球。イースタン・リーグ3試合で9回を投げ1四球だっただけに「投球自体は完璧を求めすぎてカウントを不利にしてしまい、自分の思うような投球ができず四球が多くなってゲームをつくれなかった。また次回、しっかり調整していきたい」と次戦を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース