中日・根尾 2試合連続マルチも謙虚「もっと完璧に捉えられるように次は頑張ります」

[ 2021年5月9日 20:07 ]

セ・リーグ   中日2ー0広島 ( 2021年5月9日    バンテリンD )

<中・広(8)>7回1死、根尾はバットを折りながらも右前打を放ち、マルチ安打とする(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・根尾昂内野手(21)が2試合連続の複数安打を放った。

 2―0の5回、先頭打者として打席に入ると広島・玉村が投じた初球のスライダーを叩き、中前打。7回1死からは森浦の143キロ直球を右前に運んだ。

 ともに左腕から放った安打。「抜けてきている球を合わせずに振り切れたのが良かったと思います。もっと完璧に捉えられるように、次は頑張ります」と謙虚なコメントを残した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月9日のニュース