オリックス・増井 今季最短3回2/3を5失点KO

[ 2021年5月9日 15:40 ]

パ・リーグ   オリックスーロッテ ( 2021年5月9日    ZOZOマリン )

<ロ・オ(9)>4回1死二、三塁のピンチにナインが増井(左から2人目)の元へ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 オリックス・増井が今季最短となる3回2/3を5失点(自責4)でKOされた。

 制球難に苦しんだ。幸先良く杉本の2ランなどで3点の援護を受けたが、その直後だった。初回先頭の荻野に左翼線二塁打されると、続くレアードに右越え適時二塁打されるなど2失点。立ち直る兆しが見えない。2回には柿沼に左中間ソロを被弾。4回1死二、三塁で中村奨に右前適時打され、4点目を失ったところで降板。直球やフォークなどが高めに浮いたところを痛打され被安打8、78球を費やして力尽きた。

 前回1日のソフトバンク戦は5回を自己ワースト8失点。挽回を期したマウンドだったが、またも先発の役割を果たすことはできなかった。

 ▼オリックス・増井 自分の力不足ですし、早いイニングでマウンドを降りることになってしまい、申し訳ないです。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース