DeNA・ロメロ、初登板は5回4失点 左腕に虎タトゥー助っ人虎狩りならず

[ 2021年5月9日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1ー4阪神 ( 2021年5月8日    横浜 )

<D・神>初回を投げ終えグラブを噛むロメロ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 左腕に虎のタトゥーが入ったDeNAの新外国人右腕ロメロは来日初登板初先発で5回4失点。虎狩りはならず「試合にはスムーズに入った。次回までにゾーンで攻めることを確認したい」と振り返った。

 最速153キロを計測したが、佐藤輝には4回2死三塁で二遊間の守備位置を狭めるシフトを破られる先制打を浴びるなど2本の適時打を許した。三浦監督は「ロメロは球自体は強かった。(シフトは)割り切るしかない」と話した。

▼DeNA・牧(左翼席へ4月17日以来の7号ソロ)完璧。内角の球にうまく反応することができた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月9日のニュース