立大、東大に逆転勝ち4連勝!9回5番・東が2ラン「よく飛んでくれた」

[ 2021年5月9日 05:30 ]

東京六大学野球第5週第1日   立大4―2東大 ( 2021年5月8日    神宮 )

<東大・立大>9回無死一塁、勝ち越し2ランを放つ立大・東(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 立大は東大に逆転勝ちを収め、4連勝。1―2の8回に敵失で同点とし、9回無死一塁から5番・東が今季2号となる左越え2ランを放った。

 「打ったのが緩いカーブだったので、あまり感触はなかった。よく飛んでくれた」とホッとした表情を見せた。8回から登板した宮は2回無安打無失点で開幕から5試合連続無失点とし「ゼロで抑えるつもりで投げている」と大きく胸を張った。

  ▼東大・井手峻監督(62連敗も、終盤まで粘りを見せ)練習してきたことが試合でできている。試合前から(選手の)動きが良かった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月9日のニュース