中日・大野雄 痛すぎる抹消 「上肢のコンディション不良」

[ 2021年5月9日 12:50 ]

中日・大野雄
Photo By スポニチ

 中日・大野雄大投手(32)が9日、出場選手登録を抹消された。球団は「上肢のコンディション不良」と発表した。

 同投手は今季5試合目の先発となった4月27日阪神戦(バンテリンドーム)で今季初勝利。5月4日DeNA戦(同)でも7回4失点で2勝目を挙げるなど、2勝2敗、防御率2・93の成績を残していた。この日の試合前練習には参加していたが、浮上を狙うチームにとって痛すぎる昨季の沢村賞投手の離脱となった。

 なおこの日、ジャリエル・ロドリゲス投手(24)が1軍練習に合流。ウエスタン・リーグでは2勝0敗、防御率0・86の好成績を残している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月9日のニュース