明大ルーキー・宗山、初安打がホームラン!法大・三浦撃ち連敗ストップ

[ 2021年5月9日 05:30 ]

東京六大学野球第5週第1日   明大3―1法大 ( 2021年5月8日    神宮 )

<法大・明大>5回1死、ソロ本塁打を放つ明大・宗山(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われた。明大は法大を3―1で下し連敗を2で止めた。途中出場した宗山塁内野手(1年)がリーグ戦初安打をソロ本塁打でマークした。立大は東大を4―2で破り4連勝。東怜央内野手(4年)が決勝2ランを放った。

 1―0の5回1死で明大のルーキー・宗山が今秋ドラフト候補の法大・三浦の内角直球をライナーで右翼席へ運んだ。リーグ戦初安打が一発となり「入ると思わなかった。頭を越えてくれと思った」と笑顔。7回も右前打でマルチ安打を記録した。

 広陵(広島)では通算18本塁打も「(大学では)突っ込むと打たされてしまうので軸で回ることを意識して練習してきた」とスイングを改良。田中武宏監督は「ショートの守備は抜群。打撃も慣れてきて強い打球を打てるようになってきた」と評した。

 ▼明大・竹田(5安打1失点でリーグ戦初完投勝利)2週間前、慶応にやられて凄い悔しくて野手のみんなに迷惑をかけたので、今日は気持ちで投げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース