巨人・菅野、右肘違和感で登録抹消で来週の先発回避 原監督は軽症強調

[ 2021年5月9日 05:30 ]

巨人・菅野
Photo By スポニチ

 巨人・菅野智之投手(31)が8日、右肘の違和感のため出場選手登録を抹消された。7日のヤクルト戦で無失点に抑えながら4回、51球で緊急降板。この日、東京ドームで行われた全体練習には参加しなかった。原監督は「少し時間を(空けようと)。1回飛ばすということでしょうね」と軽症を強調しつつ、来週の先発は回避させると説明した。

 右腕は昨オフ、メジャー移籍を視野に一時渡米。帰国後の待機期間もあって1月は十分な自主トレを行えず、開幕まで短期間での調整を余儀なくされた。今季は3月30日にも足の違和感で一時戦列を離れ、2度目の登録抹消となった。指揮官は「昨日(7日)は打たれたけど、中継ぎ陣も頑張っている」と話し、全投手陣が一丸となることを期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月9日のニュース