西武 今季6戦目の福岡で初黒星 先発・平井は粘投「出来は悪くなかった」

[ 2021年5月9日 17:14 ]

パ・リーグ   西武1―3ソフトバンク ( 2021年5月9日    ペイペイドーム )

<ソ・西9>6回を投げ降板した平井(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 前日、勝率を5割に戻した4位・西武だったが、今季6戦目の福岡で初黒星を喫した。

 先発の平井は、宝刀スライダーの切れが抜群で5回まで8三振を奪って無失点。6回に甲斐の中犠飛で同点に追いつかれたが「全体的には出来は悪くなかったと思います」と振り返った。

 しかし、打線が援護できなかった。2回までに4安打を放ったが、3回以降は無安打。辻監督は「打線的にはそんなに調子が悪いわけじゃないんだけど、こうやってうまく抑えられたと思うしかない」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース