ヤクルト今季初のサヨナラ負けでデーゲーム9敗分け

[ 2021年5月9日 19:07 ]

セ・リーグ   巨人7―5ヤクルト ( 2021年5月9日    東京ドーム )

<巨・ヤ7>9回1死一、二塁、岡本和はサヨナラ3ランを放つ。中は打たれた石山 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは守護神の石山が1点リードの9回に岡本に逆転3ランを被弾し、今季初サヨナラ負け。今季のデーゲームは今季9敗3分けとなった。

 来日初先発のサイスニードが4回0/3を3失点で降板後、救援陣が踏ん張り、打線が7回無死満塁から相手の失策などで4得点して逆転。だが、3回1死満塁、5回2死満塁で合わせてわずか1得点に終わり、高津監督は「序盤に残塁が多かった。あそこで点がとれていたら、展開が変わっていた。打つ方も守備も投げる方も反省が多かった」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月9日のニュース