日本ハム・ドラ2五十幡「課題も見つかった」 プロ初スタメンで4打数無安打も収穫

[ 2021年5月9日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4-1楽天 ( 2021年5月8日    札幌D )

<日・楽>初回無死、ニゴロに倒れた五十幡(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト2位・五十幡が「1番・中堅」でプロ初スタメン。田中将に対して初回の第1打席から初球を振る(二ゴロ)など食らいついたが、4打席で内野ゴロ3つと1三振に終わった。

 前日に守備固めを経験したものの「最初は凄い緊張があった」という。「球界を代表する投手に4打席立てたので、課題も見つかった」と言葉を続けた。

 栗山監督は「マー君の攻略はなかなか難しい中で、特別な武器を持った選手が(スタメンで)行くべきだと思った。あの足は(投手は)気になるもの」と起用の意図を説明し、「内容は悪くない」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース