阪神・ガンケルの登録抹消を矢野監督が明言 今季最短降板は「アクシデント」

[ 2021年5月9日 18:32 ]

セ・リーグ   阪神3-2DeNA ( 2021年5月9日    横浜 )

<D・神(9)> 3回を投げ終えて降板となったガンケル(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 今季最短の3回4安打1失点で降板した阪神先発のガンケルについて、矢野監督は「アクシデントなんだけど、明日病院に行って、そこからの判断になると思う。抹消はするよ」と登録を抹消することを明言した。

 症状は、右肩の張りとみられる。2軍では新外国人のアルカンタラも控えているが、矢野監督は戦略的な抹消かについては「それは関係ない。ガンケルのことを考えての抹消だよ」と否定した。

 来日2年目のガンケルは今季7試合に先発し、開幕から無傷の5勝、防御率2・35。安定した投球で先発ローテーションを支えていただけに、長期離脱となれば大きな打撃となる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月9日のニュース