日本ハム・上沢 吠えた!マー返り討ち 4月17日以来2度目の投げ合いで7回1失点

[ 2021年5月9日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4ー1楽天 ( 2021年5月8日    札幌D )

<日・楽>6回、茂木を空振り三振に仕留め雄叫びを上げる上沢(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 また「金星」を挙げた。日本ハム・上沢が田中将と4月17日以来、2度目の投げ合い。7回4安打1失点で前回の投げ合いから4試合連続のハイクオリティースタート(7回以上、自責2以下)とした右腕は「本当に素晴らしい投手なので、なるべく最少失点で頑張ろうと思っていた」と語り「先に点を取ってもらったのが、かなり気持ち的にも大きかった」と同期入団の近藤の援護にも感謝した。

 チームがコロナ禍で活動停止となる中、必死で調整を進めた。キャッチボールすらできない状況だったが、ネットスローなどを実施。初回は「うまく体を動かせない感じがあった」と振り返ったが、開幕投手らしくゲームメークした。好投したエース右腕について、栗山監督も「絶対的な信頼を持っている」と手放しで褒めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年5月9日のニュース