打撃不振の中日・ガーバー 初のスタメン落ち 8日は好機で代打送られ 広島戦スタメン発表

[ 2021年5月9日 13:23 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2021年5月9日    バンテリンD )

中日・ガーバー
Photo By スポニチ

 中日の新外国人選手、マイク・ガーバー外野手(28)が初めてスタメンから外れた。

 同外野手は4月28日に出場選手登録され、同日の阪神戦(バンテリンドーム)から8試合連続で「3番・右翼」でスタメン出場。打率156、0本塁打、1打点と低迷し、前日8日の広島戦(バンテリンドーム)では3―4の7回2死三塁の場面で代打を送られていた。

 以下は、発表された9日の両軍スタメン。

 【中日】
1(中)大島
2(遊)京田
3(左)福田
4(一)ビシエド
5(三)高橋周
6(捕)木下拓
7(二)阿部
8(右)根尾
9(投)柳

 【広島】
1(二)菊池涼
2(中)羽月
3(三)安部
4(右)鈴木誠
5(左)西川
6(遊)小園
7(一)クロン
8(捕)石原
9(投)玉村

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース