ロッテ・朗希、2軍戦6回1失点 プロ最速156キロで「初勝利」 15、16日の西武戦で1軍デビューへ

[ 2021年5月9日 05:30 ]

イースタン・リーグ   ロッテ7-1楽天 ( 2021年5月8日    森林どり泉 )

ロッテ・佐々木朗
Photo By スポニチ

 ロッテの高卒2年目・佐々木朗がイースタン・リーグの楽天戦に先発し、6回5安打1失点で公式戦初勝利を挙げ「勝ち投手というより、先発としての仕事ができたことが良かった」と振り返った。

 2軍戦5度目の先発で自己最多の85球を投げ、6三振を奪ってプロ入り後最速の156キロを計測。映像をチェックした井口監督は「週頭(10日)の状態を見てどうするか考える」と、過度の張りがなければ1軍に昇格させる方針を明かした。

 5回1死一塁で高校日本代表でバッテリーを組んだ水上と対戦し、151キロ直球が左肩を直撃。ピンチを広げたが、和田からフォークで空振り三振を奪う。吉持は150キロ直球で中飛に抑え「相手が直球を狙ってきていると思われる中でファウルにしてカウントを取れたりと、直球で勝負して抑えることができた」と手応えを口にし、水上にも謝罪した。

 2軍戦では1勝0敗、防御率0.45。前回1日の巨人戦で6回無失点に抑えた際、井口監督は「もう1回(2軍で)投げて、今月中のどこかでチャンスがあればと思う」と話していた。順当なら15日か16日の本拠・ZOZOマリンでの西武戦。最速163キロを誇る「令和の怪物」がいよいよ1軍デビューする。(君島 圭介)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月9日のニュース