【9日プロ野球見どころ】阪神ルーキー中野に2つの吉兆データ お得意DeNA戦&日曜日

[ 2021年5月9日 10:00 ]

阪神のドラフト6位ルーキー・中野
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト6位ルーキー・中野は規定打席不足ながら打率・373と好調をキープ。中でもDeNA戦は6試合に出場し18打数9安打(打率・500)と、カード別では中日戦と並び自己最高打率を残している。曜日別でも日曜日は13打数7安打(打率・538)と大暴れ。同じルーキーの佐藤輝とともに打線に厚みを加えている。

 ヤクルト・村上は8日現在、リーグ最多タイの10本塁打をマーク。うち、試合前半の1~5回までに7本塁打しているが6~9回は3本止まり。打率も1~5回の・344が6~9回は・255と大幅にダウン。試合後半に集中力を発揮し、巨人戦連勝に貢献できるか。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース