つうこんのいちげき!! オリックス・頓宮「ドラクエウォーク」コラボ試合でモンスター決勝弾

[ 2021年5月9日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス5-2ロッテ ( 2021年5月8日    ZOZOマリン )

<ロ・オ(8)>2回2死一塁、先制2ランを放ちナインに迎えられる頓宮(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 オリックスは8日、2連敗で止めて再び借金2へ盛り返した。敵地でのロッテ戦は「ドラゴンクエストウォーク」とコラボし、“モンスター”扱いの演出。頓宮裕真捕手(24)が「つうこんのいちげき!!」とも言える決勝5号2ランを浴びせた。1から6位まで3・5ゲーム差。「勇者」阪急ブレーブスの系譜を継ぐオリックスが「混パ」の主役だ。

 0―0の2回2死一塁で、とんぐうがあらわれた。とんぐうのこうげき!! つうこんのいちげき!! 美馬はダメージを受けた。
 「相手(の美馬)投手がどんどんストライク先行で来ていたし、積極的に振っていこうと思っていました」

 “ガンガンいこうぜ”とばかりに頓宮が振った。カウント2―1からの4球目、高め直球を強振。左翼席中段に放り込んだ一発は、入団2年間の通算アーチ数に早くも並ぶ決勝5号2ランだ。

 スマホ向けゲーム「ドラゴンクエストウォーク」とコラボしたロッテ主催の一戦で、外野席には人気モンスター「スライム」のぬいぐるみが大量に設置。ビジターのオリックスのスタメン発表では、ドラクエウォークでも流れるドラクエ3の「戦闘のテーマ」が大音量で鳴り響いた。前身の阪急ブレーブスは「勇者」。屈辱!?のモンスター扱いに奮起するかのように、強敵ギガンテスやボストロール級の強烈な「つうこんのいちげき!!」を食らわせた形だ。

 6回は宗の4号ソロ、9回には代打・ジョーンズの右前適時打など効果的な得点への流れを生み、中嶋監督にも「入りが重いというかね、(頓宮の一発で)最高の形で、ベンチの雰囲気とか楽になった」と称えられた。5位のままでも首位・楽天とは2・5ゲーム差。混パにあって“レベルアップ”の予感だ。(湯澤 涼)

 ▽ドラゴンクエスト 1986年5月に第1作発売のRPGシリーズで略称ドラクエ。プレーヤー自身がゲームの主人公(勇者)になって冒険の旅に出る。武器でモンスターを攻撃した際、通常時より大ダメージを与えると「かいしんのいちげき!!」(会心の一撃)、敵からの大ダメージは「つうこんのいちげき!!」(痛恨の一撃)と表示される。ドラクエウォークは19年9月提供開始。位置情報システムと連動し、移動することで画面内に現れる敵と遭遇して戦闘を行う。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース