ロッテ・美馬が7回3失点で今季初黒星「本塁打がもったいなかった」

[ 2021年5月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2-5オリックス ( 2021年5月8日    ZOZOマリン )

ロッテ・美馬(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ロッテの美馬は7回3失点で今季初黒星を喫し「カウントを悪くしてからの本塁打がもったいなかった」と反省した。2―3の9回1死一、二塁の守備では一塁走者の紅林と正面から接触した中村奨の一塁悪送球で二塁走者の生還を許した。

 井口監督はこの走塁に抗議したが、判定は覆らず「走者がスローイングの妨害をしているので守備妨害なんですけど、ああいうところはしっかり取ってもらわないとね」と後味の悪い敗戦に不満を隠せなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース