張本勲氏 巨人・岡本、日本ハム・中田に“大谷打法のススメ”「本塁打を量産できる」

[ 2021年5月9日 09:44 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(80)が9日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。巨人・岡本和真内野手(24)、日本ハム・中田翔内野手(32)にエンゼルスの大谷翔平投手(26)の打法を勧めた。

 現在、29試合で115打数32安打26打点、10本塁打、6盗塁で打率・278の大谷の打撃について「今の打席の形を崩さないでね、先にステップするから、下半身が安定してるから球が拾える」と指摘。そして、「巨人の岡本とか日本ハムの中田はこれ(大谷の打ち方)をよく見ると、本塁打を量産できる」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月9日のニュース