阪神 3回までの2失策がいずれも失点に結びつく 今度はサンズがファンブル

[ 2020年9月30日 19:06 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年9月30日    甲子園 )

<神・中>力投する阪神先発の青柳(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は序盤から野手陣に守りのミスが連発した。

 3回無死一塁からアルモンテが三遊間を破る安打。レフト前に転がった打球を処理したサンズがまさかのファンブル。一塁走者の京田はもたつく隙を付いて三塁に到達し、サンズに失策が記録された。阪神はこれが今季62個目のエラー。結局3回は無死満塁から高橋の二ゴロ併殺の間と、シエラの適時打で2点を失った。

 初回は無死一塁で京田のゴロを小幡が後逸し、失点に結びついた。先発の青柳が4四球と制球に苦しむ中、野手陣も拙守で足を引っ張り、甲子園からはため息が漏れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース