巨人・菅野、セ界新開幕投手12連勝 岩隈に並ぶプロ野球記録…重圧も「期待に応えるのも野球の醍醐味」

[ 2020年9月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6-1広島 ( 2020年9月29日    マツダ )

<広・巨>力投する巨人・菅野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の菅野智之投手(30)が29日、広島戦で6回4安打1失点、9奪三振の好投。開幕投手では2004年の近鉄・岩隈(現巨人)以来となるプロ野球タイ記録の開幕12連勝を達成した。打線も効果的にエースを援護。投打がガッチリとかみ合ったチームは、リーグ連覇に向けた優勝マジックを「23」に減らした。

 背負うものがある。だから強くなれるのだろう。通常は投球後にバランス良く立つ菅野が見せた異例の姿。「毎回野手に助けられっ放しですし絶対カバーしてやろうという気持ちだけでした」と振り返る。鈴木誠への初球は148キロ直球。投球の勢いのままマウンドで跳びはねるように一回転したのだ。

 16年前、近鉄がオリックスとの合併問題で揺れた04年。岩隈は開幕投手から12連勝を成し遂げた。合併が正式に決まっても、選手配分の具体案は決まらず。球界に暗い影を落とす中、皮肉にも翌年以降に破られることのない球団記録を23歳の岩隈が次々と樹立していく。近鉄ファンにとって、まさに希望の光だった。

 コロナ禍で開幕の見通しが立たない5月。菅野はジャイアンツ球場のクラブハウスでテレビを見つめていた。連日報道される医療従事者の切迫する状況。球団職員に「僕たちに何かできることはないですかね?」と提案し、東京都への1000万円の支援を決めた。賛同して寄付に手を挙げた一人が、39歳となった岩隈だった。

 鈴木誠へ初球を投じた場面に時を戻す。岡本の失策から始まった5回無死二、三塁で大盛、田中広を連続で空振り三振に斬った直後だった。後輩をかばう気持ちが気迫を倍増させる。2ボールから最後は150キロ直球で右飛に打ち取ると右拳でグラブを叩いた。

 「連勝というのは1回負けると記録が止まる。毎回意識しながらマウンドに上がるのはしんどいんですけど、そういう期待に応えるのもプロ野球の醍醐味(だいごみ)」。6回1失点で9奪三振。セ・リーグ史上初の開幕投手からの12連勝だ。

 コロナ禍で迎えた今季開幕戦、ユニホームに袖を通した喜びは大きかった。それは入団時の感慨と重なる。11年ドラフトで指名された日本ハムに入団せず、翌12年は浪人生活。13年のキャンプイン前日を振り返り「すぐに着ないで名前や背番号を触ったりした」と明かしている。背中の名前と番号。じっくりと見つめて袖を通した。

 その背中を見つめるナインが勝利への連帯感で後押しする。「力を振り出し過ぎてしまって、ちょっとバテてしまった」と笑い「僕自身負けないでシーズンを終えられるように頑張ります」と続けた。これでプロ通算99勝。岩隈と同様にファンの希望の光となり、無人の荒野に足を踏み入れた。(神田 佑)

 ▼巨人原監督(菅野について)いやこれはもう凄い数字ですよ。何十年ぶりかなんかでしょ?(セ・リーグで初めてという)歴史が物語るところでしょうね。

 ○…菅野(巨)が無傷の12連勝。開幕12連勝以上は、13年田中将大(楽=現ヤンキース)の24連勝以来史上10人目。セおよび巨人では66年堀内恒夫(巨)の13連勝以来54年ぶり2人目の快挙だ。また、開幕投手を務めた投手の無傷の12連勝は、04年岩隈(近鉄=現巨人)に並ぶ史上2人目のプロ野球最多タイ記録。球団では38年春のスタルヒン、セでは82年北別府学(広)の各11連勝を塗り替える巨人とセの新記録。なお、菅野はこの日が通算99勝目となり、節目の100勝に王手をかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース