野村謙二郎氏 広島・遠藤は点の取られ方が反省点 菅野のコメントから感じ取れ!

[ 2020年9月30日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-6巨人 ( 2020年9月29日    マツダ )

<広・巨(16)>3回1死一、二塁、松原に右前に適時打を打たれた遠藤 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 【野村謙二郎 視点】遠藤には、もう一段階上にいけの願いを込めての叱咤(しった)激励をしたい。結果を見れば5回3失点と決してひどいものではないが、点の取られ方はよくない。

 3回、4回は先頭打者への四球からの失点。3回の松原の右前適時打、4回の若林の適時三塁打は、カウント2ボールからで打者有利の状況をつくってしまっている。

 2度続けて投げ合った菅野の試合後の「ファウルをうまく打たせられた」というコメントから何かを感じ取ってほしい。エース級の投手はわざとファウルを打たせてカウントを整え、何を狙っているかなど、さらに打者の反応まで見ている。

 自身に向けられた巨人ベンチからの「思ったよりもスピードが出ている」の評価。150キロを超える菅野ほど球速は出ていないが、打者は速さを感じているのだから武器にすればいい。ここまでローテーションを守ってきただけでも今年はいい経験をしているが、持っている力はまだこんなものではない。菅野には勝てなかったが、負けた中でも財産になりうるものはある。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース