昌平4番・古賀、決勝の特大2ラン 初の関東大会出場へと導く

[ 2020年9月30日 05:30 ]

秋季高校野球 埼玉大会準決勝   昌平3-1春日部共栄 ( 2020年9月29日    大宮公園 )

4番・古賀の先制2ランに喜ぶ昌平ナイン(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 今夏の独自大会準優勝校の昌平が、初めての関東大会出場を決めた。

 3回に4番・古賀智己(2年)が、左中間に特大の先制2ランを放ち、これが決勝打になった。「感触が良く、行ってくれと思った」。ここまでは高校通算35発の3番・吉野が目立っていたが「打てて良かった」と話し、30日の決勝へ意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース