巨人・菅野 連勝記録どこまで伸びる?次戦狙う堀内氏に並ぶ球団最多タイ開幕13連勝

[ 2020年9月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6-1広島 ( 2020年9月29日    マツダ )

<広・巨>力投する巨人・菅野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の菅野智之投手(30)が29日、広島戦で6回4安打1失点、9奪三振の好投。開幕投手では2004年の近鉄・岩隈(現巨人)以来となるプロ野球タイ記録の開幕12連勝を達成した。打線も効果的にエースを援護。投打がガッチリとかみ合ったチームは、リーグ連覇に向けた優勝マジックを「23」に減らした。

 菅野が次戦で狙うのはセおよび巨人の開幕連勝記録だ。13連勝になると66年堀内恒夫(巨)に並ぶセと球団の最多タイ記録になる。さらに開幕15連勝まで伸ばすと13年田中将大(楽)の24連勝に次ぐ歴代2位タイ。無傷の条件を外してもシーズン15連勝以上は前記田中を筆頭に史上10人目。セでは51年松田清(巨)の19連勝、69年高橋一三(巨)と99年上原浩治(巨)の各15連勝に次ぐ4人目で、セ右腕の最多記録となる。現在の登板ペースだと残りは6試合ほどになりそうだがどこまで連勝を続けるか。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース