元日本ハム・新垣氏「おとぼけアニマル」オリジナルパーカー発売

[ 2020年9月30日 12:38 ]

新商品の「おとぼけカラス」パーカーを着用する新垣氏
Photo By 提供写真

 18年まで日本ハムでプレーし、現在は社会人野球の東芝野球部で投手コーチを務める新垣勇人氏(34)が設立した合同会社カキシード(本社・東京都港区)が30日、オンラインショップ(https://kakiseed.official.ec)でオリジナルパーカーを発売した。

 日本ハム時代から仲の良い選手をモチーフにした「おとぼけアニマルシリーズ」の第1弾Tシャツでは、「カラス」「アザラシ」「パンダ」「ペンギン」の4種類の動物を新垣氏本人がデザインしたが、今回の第2弾は「リス」「コアラ」「カンガルー」ポメラニアン(カキポメ)が「おとぼけアニマル」に仲間入りした。

 「おとぼけカラス」のパーカーを着用した新垣氏は「第一弾のおとぼけTシャツを販売したところ、たくさんの反響をいただき、これから始まる冬の季節にパーカーを是非着てほしいと思い制作を試みました。今回のために描き下ろした新しいキャラクターは、リス、コアラ、カンガル ー、ポメラニアン(カキポメ)の4匹です。カキポメは、8/29に誕生し、僕が愛情かけて飼っているカキシード公式キャラクター。リスの目つきの悪さはピカ一!ドジなポメラニアンもほっとけません。コアラ はしがみついて離さない甘えん坊。カンガルーは親子そろってこっちをジッと見つめています。アニマル四天王に登り詰めるのは果たして…これから始まる冬の季節をおとぼけアニマル達と一緒に過ごしてみませんか?」とPRした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース