巨人・ウィーラー“超美技”で勝利貢献!26打席ぶり安打も飛び出し「素晴らしい一日」

[ 2020年9月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6-1広島 ( 2020年9月29日    マツダ )

<広・巨>6回2死二塁、巨人・ウィーラーはタイムリー二塁打を放ち、ガッツポーズ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・ウィーラーが超美技で勝利に貢献した。5―1の7回1死満塁の一塁守備でメヒアの一塁線への強烈な打球を横っ跳びで捕球。一塁ベースを踏み、すぐさま本塁に送球して併殺が完成した。

 大量失点で菅野の勝利投手の権利が消える可能性もあったピンチを救い「捕るために最善を尽くそうと思った」と笑顔。代打で登場した6回は26打席ぶりの安打となる左翼線適時二塁打を放ち「久しぶりでうれしい。素晴らしい一日です」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース