打球直撃でも止まらない!楽天・涌井が8回2失点で10勝目をグイっ

[ 2020年9月30日 21:12 ]

パ・リーグ   楽天―ソフトバンク ( 2020年9月30日    楽天生命 )

<楽・ソ20>力投する楽天先発・涌井(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天・涌井が8回2失点の貫録投球。自身4年ぶりの2桁10勝目の勝利を持って、7点リードの108球でマウンドを降りた。

 10勝目なら西武、ロッテ時代に続いて3球団目での最多勝獲得にも大きく前進する。

 4連敗中のチーム状況を背負ってのマウンドだったが、序盤に大量援護も受けてほぼ完ぺきな投球。5回に1点を失い、6回は先頭の柳田の強烈な打球を右足甲に受けるアクシデントもあって1死一、二塁のピンチを招いたが、デスパイネをシンカーで遊ゴロ併殺に打ち取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース