捕手補強が急務の楽天 巨人・田中貴を金銭トレードで獲得 30日入団会見

[ 2020年9月30日 05:30 ]

巨人の田中貴
Photo By スポニチ

 巨人から田中貴也捕手(28)が楽天に金銭トレードで移籍することが29日、両球団から発表された。コロナ禍で開幕が遅れた今季は、外国人やトレードなどの補強期限も7月30日から9月30日に延長。まさに駆け込みで合意に達した。

 楽天は捕手の補強が急務だった。チーム最多67試合に出場していた太田が26日に左肩関節唇損傷で離脱し、37試合出場の足立も下半身のコンディション不良で14日から2軍調整中。1、2軍ともに経験の浅い捕手でまかなっている状況だ。楽天は今季だけで4件のトレードを成立させ、うち3件が巨人。田中貴は巨人を通じ「巨人で培ったことを生かしてチーム一丸、スクラムの中心にいられるよう頑張ります」とコメントした。30日に入団会見を行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース