ロッテ・角中、熟練の一打で勝利貢献 “ゴロ狙い”から先制攻撃

[ 2020年9月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4-3日本ハム ( 2020年9月29日    札幌D )

<日・ロ>初回無死一塁、先制の適時二塁打を放つロッテ・角中(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】切れそうで切れない。打球は左翼線で弾んだ。ロッテ・角中の先制適時二塁打は、上沢の直球を上から叩きつけ生まれた。

 初回無死一塁でカウント0―2から一塁走者・荻野がスタート。視界の隅で動きをとらえた角中は「内野ゴロでもいい」と判断した。146キロの外角高めの直球は、ヘッドが遅れ打球は自然と左へ切れやすい。だが「ゴロを」と左手で強く押し込んだ結果「ヘッドが利いて、切れずにあのコースへ飛んでいってくれた」と左翼線の内側に入った。

 「みんながつないで初回に3点取れたのが大きかった」とは井口監督。首位・ソフトバンクと1ゲーム差。上沢が喫した今季の全4敗は、全てロッテ戦である。(横市 勇)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース