西武 5度目零敗で借金3 オリ山本にお手上げ14三振…辻監督「好機で点を取れず苦しんだ」

[ 2020年9月30日 05:30 ]

パ・リーグ   西武0-3オリックス ( 2020年9月29日    京セラD )

<オ・西>7回、選手交代を告げベンチに戻る西武・辻監督(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 西武はオリックス・山本に14三振を喫し、4安打で今季5度目の零敗。連勝は3で止まり、借金3となった。

 辻監督は「最初に甘いところを一発で仕留めないといけなかった。それだけの投手だから」と積極策が実らず渋い表情。山本には打者29人中19人がファーストストライクを打ちに出たが、3回2死満塁の中村から5者連続三振を喫するなどお手上げ状態。指揮官は「序盤に好機で点を取れず苦しんだ」と続けた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース