昌平、細田学園を下して初優勝 3番・吉野が高校通算36号

[ 2020年9月30日 14:48 ]

秋季高校野球埼玉県大会準決勝   昌平6―5細田学園 ( 2020年9月30日    大宮公園 )

優勝を決め、喜ぶ昌平ナイン
Photo By スポニチ

 秋季高校野球埼玉県大会は30日、決勝が行われ、昌平が細田学園を下し、初優勝に輝いた。両校とも10月24日に千葉県で開幕する関東大会に出場する。

 初回1死二塁で、3番の吉野創士(2年)が高校通算36本目となる左翼へ先制2ラン。「真っすぐ張ってたんですけど、変化球に対応できてよかった」。その後も小刻みに加点し、終始リードを保って試合を優位に進めた。

 4番の古賀智己(2年)も3安打3打点と活躍。「ずっと優勝を目標にやってきたのでとてもうれしい。埼玉県の優勝という責任もある。自分たちの野球をして、センバツを決められたらいい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース