ソフトB・千賀、圧巻10K 5年連続100奪三振到達「最低限はできたかな」

[ 2020年9月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―2楽天 ( 2020年9月29日    楽天生命 )

力投する千賀(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・千賀が7回5安打10奪三振1失点で7勝目を挙げた。初回に1点を失ったが2回以降は走者を出しながらも無失点で踏ん張った。132球を要し、最少失点の粘投に「最低限はできたかなと。野手が打ってくれて点を取ってくれてスムーズに投げることができた」と援護に感謝。今季通算106奪三振とし、5年連続100Kも達成した。

 楽天・則本昂とは2年ぶりの投げ合い。オフにはともに自主トレした右腕に投げ勝ち「普段から連絡を取っているので特別感はなかったですね」と振り返った。週の頭の試合で4試合連続で7回以上を投げる内容に、工藤監督は「調子は良かった訳ではないが、修正できるようになった。彼の引き出しが増えたかなと。次につなげてくれれば」と目を細めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース