あぁ…菅野の引き立て役 広島、好機で連続三振 佐々岡監督「バットに当てれば」

[ 2020年9月30日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-6巨人 ( 2020年9月29日    マツダ )

<広・巨(16)>戦況を見つめる佐々岡監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は、菅野の引き立て役に終わった。

 初回の先頭・大盛が右中間を破るプロ初の三塁打。田中広も「最低限の仕事はできた」と左犠飛を放って幸先よく先制したものの、以降はゼロを並べた。

 2点劣勢の5回無死二、三塁では巨人内野陣が前進守備を敷かない中、大盛、田中広が連続三振、鈴木誠は右飛に倒れ、佐々岡監督は「5回はバットに当てればというところ。ファンに申し訳ない」とザンゲ。借金は再び今季最多の13に膨らんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース