ソフトB工藤監督は大きなため息 武田の7失点炎上響き、ロッテとゲーム差なしに

[ 2020年9月30日 22:01 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―9楽天 ( 2020年9月30日    楽天生命 )

<楽・ソ>初回1死満塁、打者・銀次の時、武田(手前)の暴投で得点を許し、肩を落とす工藤監督(右から2人目)らソフトバンクベンチ(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 大敗を喫し、2位ロッテにゲーム差なしとされたソフトバンクの工藤監督は試合後、先発の武田のことを聞かれ「はああっ。ううん。残念な結果になってしまったのは、残念」と大きなため息を吐いた。

 武田が初回に2安打に2四球と2暴投が絡んで4失点。2回は先頭の小郷にソロを被弾するなど1死も取れずに降板した。

 前回23日のオリックス戦も3回6失点で降板した武田は「自分のせいで試合を壊した。前回と同じ結果になって申し訳ないし、情けない」と肩を落とした。

 1ゲーム差だった2位のロッテが日本ハム戦に勝ち、ゲーム差なしに迫られた。9月を負け越し、指揮官は「しっかりと切り替えて。引きずってはいけない。ガタガタっと来てはいけない」と奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月30日のニュース