日本ハム 接戦落とし5カードぶり負け越し 足でかき回されバーヘイゲン5回KO

[ 2020年8月17日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―6ロッテ ( 2020年8月16日    ZOZOマリン )

<ロ・日>5回途中5失点で降板するバーヘイゲン(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムは同点の8回2死二塁から宮西が田村に決勝打を許し、5カードぶりの負け越し。

 先発のバーヘイゲンは投球モーションを盗まれ、和田とマーティンにそれぞれ3盗塁を許すなどかき回され5回途中5失点。栗山監督は「それも含めて野球」と話した。

 3回に2戦連発となる左越え17号3ランを放った中田は「いい場面で1本が出て良かった」と振り返ったが空砲に。本塁打、打点の2冠に立つ主砲は好調なだけに、18日からの2位・楽天との6連戦で立て直しを図りたいところだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース