レイズ・筒香 3号逆転3ラン!メジャー3度目のマルチも記録、チームは2連勝

[ 2020年8月17日 07:08 ]

ア・リーグ   レイズ7―5ブルージェイズ ( 2020年8月16日    トロント )

<ブルージェイズ・レイズ>4回2死一、二塁から左越えに3号逆転3ランを放ち、生還後にアダメズ(右)に“おじぎ”するレイズ・筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智外野手(28)は16日(日本時間17日)、敵地・トロントでのブルージェイズとの変則ダブルヘッダー2戦目に「5番・左翼」で先発出場。7イニングに短縮された試合の4回に逆転3ランを放つなどし3打数2安打3打点で、メジャー3度目のマルチ安打を記録した。チームは延長8回タイブレークの末、7―5で勝利しダブルヘッダー2連勝した。

 2回1死からの第1打席は遊飛だったが、2点を追う4回2死一、二塁の第2打席でブルージェイズの先発右腕シューメーカーの投球を捉えた。2ボール2ストライクから外角球変化球を叩き、高々と舞い上がった打球は左翼フェンスを越えた。12日(同13日)のレッドソックス戦で2号2ランを放って以来、出場3試合ぶりの本塁打だ。

 6回無死からの第3打席では左越え二塁打し、13日(同14日)のレッドソックス戦で2安打を記録して以来メジャー3度目のマルチ安打もマーク。ここで代走を送られ途中交代した。
 
 前日15日(同16日)の同カードは、4回表終了時で降雨サスペンデッドとなり、この日の変則ダブルヘッダー1試合目に再試合が行われた。4回裏からの再開試合で筒香はベンチスタートだったが、出場しなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース