阪神 ドラ6小川と原口が登録を抹消

[ 2020年8月17日 15:30 ]

7日の広島戦に3番手で登板した小川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト6位・小川一平投手(23)、原口文仁捕手(28)が17日にそれぞれ出場選手登録を抹消された。

 新人で唯一開幕1軍を勝ち取った小川は今季ここまで14試合に登板して勝敗つかず、防御率は7・62。8月7日の広島戦で1イニングを投げて2失点し、以降は出番がなかった。

 原口は今季ここまで17試合に出場して打率・143、1本塁打3打点。前日16日の広島戦では9回に代打出場も空振り三振にたおれ、7月19日中日戦で放った適時打以来、8打数無安打が続いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース